読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

AKIRA@日記

ソーシャルワークが出来る人間を目指す大学生。

体脂肪を効率よく燃やす運動の仕方はこれだ!!

 こんにちは。皆さん、3連休をどのようにお過ごしでしょうか?

今日は曇り空ですが、もう夏が到来しているという事で、町を見渡せば、解放感のある格好で皆さん歩いていますね。若い子の解放感のある格好は見ていて気持ちいいですね(あれ?僕は大学生だぞ…)

 でも、Tシャツ1枚の格好になると、どうしても気になってくるのが、身体の事ですよね。どうしても、お腹周りなどが気になるのは事実。実際に僕も、かなりお腹周りは気にしています。僕の友だちでも、お腹周りを気にしてわざわざ長袖を着ている人もいます。別にお腹がポッコリしているわけじゃないし、自分が気にしすぎなだけなのですが、どうしても周りの目を気にしてしまいます。

 

 実際、私は体脂肪率15%もあるので、腹筋が丸見えではなく、良い感じの脂肪が乗っています。でも、見た目でデブに見えるかと言えば、そうでもない。だからこそ、この中途半端な位置にいるのは良くないと運動をしています。そして、長くなりましたが、今日のテーマは【運動】で書いていきたいと思います!

 

 

脂肪の代謝が良くなる運動の順番がある!?

 まず、皆さん、運動と言えば何を思い浮かべますか?

多くの人は、ランニングなどを思い浮かべると思います。実際に、私もそうです。ですが、ランニングだけをしても体脂肪を燃やすのには有効ではないのです。

脂肪の代謝には有効な運動の順番があります。

その順番は、

無酸素運動の後に、有酸素運動をする!

これに尽きます。

つまり、筋肉トレーニングなどの無酸素運動をした後に、ランニングなどの有酸素運動をすると体脂肪が効率よく燃えるのです。

では、なぜこの順番でないといけないのでしょうか?

 

 

中性脂肪を燃える段階にするには、無酸素運動をする必要がある!

 まず、私達は、体に脂肪を蓄えています。その体にある中性脂肪を燃やすためには、筋肉トレーニングをして、あるホルモンを分泌する必要があるのです。そのホルモンは、成長ホルモン・アドレナリンです!

これらのホルモンは、脂肪代謝を促進するホルモンですが、このホルモンを分泌するには、筋肉トレーニングをして筋破壊をする必要があるのです。よく筋肉トレーニングをしている人が、筋トレ後にすぐプロテインを飲んでいますが、それは筋破壊が行われ、成長ホルモンが出ているゴールデンタイムにプロテインを飲む事により、より速く筋肉に栄養を与えて、筋肥大を促しているのです。

 

 そして、話に戻りますが、この成長ホルモンが分泌されると、中性脂肪が分解されて遊離脂肪酸という状態になります。この遊離脂肪酸の状態にするのが大事です。この状態にならないと、脂肪が燃焼する段階にはなっていないのです。そして、この遊離脂肪酸が血液に分解された状態で、ランニングなどの有酸素運動をします。有酸素運動をする事によって、全身に血液が循環し、この遊離脂肪酸が燃焼していくのです。

 

ここで大事な事は、遊離脂肪酸中性脂肪に戻る前に、有酸素運動を行う事です。

せっかく遊離脂肪酸の状態になったのに、有酸素運動をしなければ脂肪は燃えません。

なので、筋肉トレーニングをして、身体的にはしんどいかもしれませんが、頑張ってランニングをして血液を循環させて、脂肪を燃焼させましょう!

 

 

夏場のランニングには気をつけて!

 ざっと説明しましたが、もっと脂肪代謝についてはホルモンの話が切っても切り離せない問題として存在します。あくまでも、今の僕の知識で言えば、これぐらいの説明しか出来ないです。でも、脂肪の代謝には効率が良い運動の順番がある事だけを知って頂きたかったです。皆さんもぜひ、筋肉トレーニングで筋破壊を行って、成長ホルモンをどんどん促して、中性脂肪を遊離脂肪酸の状態にしてから、有酸素運動を行ってみて下さい。でも、夏場のランニングはこまめに水分補給を行ってくださいね!

 では、今日はこんなところです。

広告を非表示にする