AKIRA@日記

ソーシャルワークが出来る人間を目指す大学生。

スロウハイツの神様(下)を読了。また素晴らしい作品に出会った。。

 スロウハイツの神様(下)を、読了しました。

また素晴らしい作品に出会い、最高の気分です。

 

 皆さんも、「スロウハイツの神様」の世界に入り込んでみて下さい。

 

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

スロウハイツの神様(下) (講談社文庫)

 

 

辻村深月は、人間の心情を描くのがとにかく上手い。

自分の心の中が洗い出されていく快感は、形容しがたい。

そして、辻村深月に出てくるキャラクターは、皆、自分の心の中で生き続けていく。

 

 赤羽環、チヨダコーキ。二人の出会い。「コーキの天使ちゃん」

全てが繋がった瞬間に涙は止まらなくなる。

 

恐らく、この世界で毎日、幸福感を感じて生きている人ばかりではないだろう。時には、この世界に絶望して、何もかも投げ出したくなる。そんな時がきっとあるはずだ。

その時に、この作品に出会ってほしい。高校生は読んでみてほしいね。

 

 そして、私はこの作品のあるキャラクターがとても好きになった。

それは「エンヤ」だ。エンヤは、とにかく赤羽環をライバル視する。

そして、赤羽環を越えようと、彼女を超える事を強く思って、毎日を過ごしている。

 

 その気持ちが痛いほどわかる。彼は、赤羽環を超えたいのだ。痛いほどわかる。尊敬の気持ちを持てればどれだけ楽だろう。でもエンヤはそれが出来ない。だからこそ、彼は「スロウハイツ」を出ていった。自分に呪いをかけて。言霊は彼を縛り続ける。エンヤは、赤羽環を超える時が来るまで、必ず現れる事は無い。そして、その時は絶対に来ない。

 

 でも、私はエンヤの気持ちが分かるのだ。超えたい、この人に勝ちたい。その感情を持つ事の何が悪いのだ。この人には勝てないと割り切ったらどれだけ楽だろうか。でも、エンヤの行動は、人間味に満ちている。だからこそ、彼が好きなのだ。

 

 

 いつか、辻村深月さんに会ったら、「エンヤ」について聞いてみたい。

彼は、幸せになったのかと。

広告を非表示にする