AKIRA@日記

ソーシャルワークが出来る人間を目指す大学生。

セブン-イレブンの工場の夜勤を半年間やって、分かった事。

f:id:akiaki1324336:20170121214532j:plain

    

 大学のテスト期間が終わったら、まずはアルバイトをしなければいけないなと毎日感じてます。大学1、2,3年の前期まではアルバイトをがっつりしていたけど、後期はしてませんでした。

でも、やっぱり金銭的に余裕は無いし、両親にも負担はかけたくないからアルバイトはしようと思います。

 

 でも、何のアルバイトをしようかな…?って考えた時に、働く時間など考えても”短期バイト”かなって思います。

 

というよりも、今までやってきたのと同じアルバイトをやる気力がもうありません(笑)

僕が今までアルバイトをしてきた中で1番きつかったのが、セブンイレブンの工場の夜勤です。かなりハードでした。

 

 

 

 

日が経つにつれて、人数が減っていった

f:id:akiaki1324336:20170121220043p:plain

 初めてセブンイレブンの工場で夜勤をしたのが、2015年の12月だったんですが、その時の人数は全部で6人でした。この6人というのは、僕が登録していた派遣会社から派遣されている人数で、工場内にはもっとたくさんの人がいます。

 

だけど、日に日に人は減っていき、最終的には3人まで減りました。

 

人数が減っていったのは人件費削減などの要因が上がると思うんですが、何がきついって、仕事量は全く減っていない事。

 

今まで6人で働いていたのに、その人数が3人になりました。しかし、仕事量は対して変わっていません。って事はですよ、この3人は必ず今までよりも”オーバーアチーブ”する事が確定するんです。

 

しかもその3人が全員慣れている人だったらまだしも、そこに新人の方が来たらもうアウト。

 

 

基本的に派遣の仕事は、仕事の量が可視化されている

 派遣の仕事というのは、誰もが出来る仕事です。

だって次の日には別の人が来てもいいように、仕事が誰でも出来るように設定されています。という事は、派遣の仕事は”取り替え可能”な仕事なんです。

 

セブンイレブンの工場の夜勤なんて特にそうです。

そして、仕事量が可視化出来るって意外と怖いんですよ。

 

だって前述した様に新人が来たら、もうアウトだからです。

どんなに飲み込みが速い人でも1日で、その仕事をうまく完遂出来るかって言ったらそうではありません。どういった展開で仕事が進むのかを説明したり、どの仕事をまかせるべきかを考えたら、結局は慣れている人がオーバーアチーブするしかありません。

 

オーバーアチーブするのは良いんです。でも、最初は6人いたのに3人に減っている現実があるんですよ。

 

 

女性や主婦は心の底から強いなって思った。あと、中国人の方も

f:id:akiaki1324336:20170121221823p:plain

  僕が働いていたセブンイレブンの工場では、3つ会社が混合していました。

その中でも、僕の様な派遣ではなくその工場内で働いている方もいました。

 

じゃあ、夜勤で働く人ってどんな人がいるの?って思うかもしれませんが、

ほとんどは中国人と主婦の方が多いです。

 

そして、主婦の方のバイタリティーは半端ないです。

僕が見てもかなりハードな仕事をしているなぁって思うのに、平気な顔をしています。そして、休憩中には10人ぐらいで集まってお菓子を食べながら談笑をしています。

 

一方、僕は爆睡してるのに(笑)まぁ、深夜3時だから普通に眠りますわ…

 

 そして、中国人の方々もすごいなって思いましたね。

やっぱり集団内での結束力ってすごいなって思います。皆で頑張って作業を乗り越えようというエネルギーは、ほんとにすごいパワーを生むんだなって思いました。

 

 

まとめ;絶対に1人で抱え込んではいけない

 仕事量が決まっていて、それなのに働く人数が減ってしまった場合、オーバーアチーブする事は避ける事は出来ません。

 

でも、そこで抱え込みすぎて頑張ろうと思っても、過労死するだけだなって思いました。

 

自分でもよくこの仕事を頑張っていたなぁ〜って思うんですが、なんで僕がこの仕事を頑張れたのかというと、そこの夜勤に現れるカッコよいドライバーさんに”恋愛相談”をするのが楽しすぎたからです。

 

 色々な人と出会うという意味では、オススメします。本当に価値観が変わりますよ!

 

広告を非表示にする