AKIRA@日記

ソーシャルワークが出来る人間を目指す大学生。

傷付く事を恐れるな。

f:id:akiaki1324336:20170411231643p:plain

 

 最近、全然ブログを書けていませんでした。

ブログだけでなく、大好きな読書もまるで出来ない日々。その理由は明白で、ブログを書いたり、読書するモチベーションが無かったからです。

 

 今の自分は簡単に言えば、傷付く事を恐れている状態です。

何か新しい事、挑戦したい事、目指したい事が、うまく行かなかった時の事を考えて、すごくビビっているんだと思います。そして、僕はこの状況はすごく危険な状態だと分かっています。わかっているんだけれども、傷付く事を恐れている自分がいます。

 

 そんな自分に一言、言葉をかけてやるとしたら、僕はこう言いたい。

 

傷付く事を恐れるな!と。

 

 どんどん挑戦をして、物事がうまく行かない経験をして、立ち上がる事が出来ないぐらい、傷付けと。僕はこう言いたい。

 

去年の春、僕はとにかく傷付いていた

 昨年の春、僕は本当に辛い日々を送っていました。

自分が今まで経験をした事が無かった深い悩みで、とても傷付いていました。

2016年の3月から6月の中旬まで、本当に苦しい毎日を過ごしていました。当時を振り返って、決して生産的な日々を送る事は出来ていなかったですが、人間は深く傷付く経験をする事も大事だなって、今になってはそう思うんです。

 

 傷付くってすごい嫌な体験だと思います。

あの時を振り返ったら、自分の心がぎゅっ〜と握りつぶされるかの様な感覚で、もう思い出したくないと思う人もいると思います。でもそれ以上に傷付く事を恐れ、挑戦出来ていない自分が嫌なんです。挑戦しなければ成長を得る事すら出来ないから。

 

 でも新しい事、自分が挑戦したい事に対して、もしうまく行かなかったらどうしようと不安を感じています。ダメだったらダメで、その時は深く落ち込んで、そしてもう1度這い上がればいいじゃん、自分にこう言いたいです。

 

 僕は昨年の春にすごく辛い経験をしました。

でも、新しく出会った人や今まで出会った人に支えられて、また1歩を踏み出せています。成功体験は絶対に大事だと思いますが、それと同じくらい傷付く経験も大事だと思います。僕の地元の県知事は、選挙に落ちると、本当に心身共に疲弊して、立ち上がれなくなるぐらいショックを受けるのだと仰っていました。

 

 そんな辛い体験をした時にどうするのか?

それは思いっきり凹む事。そして、若いお姉さんがいる飲み屋にでも行って、エネルギーをもらう事が大事だ仰っていました。僕はこの言葉を聞いて、その知事の事が好きになりました(笑)

 

 

傷付く度に、這い上がる自分になりたい。だからこそ、今の自分にもう1度こう言います。

「傷付く事を恐れるな!チャレンジし続けろ!」

 

 では、今日はこの辺で。

 

広告を非表示にする